2008年4月1日火曜日

ジンギスカンとは

以前のページに掲載していた「ジンギスカンとは」を転載します。

ジンギスカンのルーツ
中華料理の「コウヤンロウ(鍋羊肉)」がルーツであると考えられていますが、私たちが食べるジンギスカンとはかなり違いがあります。
羊は、大正時代に満州国建設の際、日本人が現地の人たちが羊を焼いたり煮たりしているのをみて持ち帰ったことはじまりだといわれています。
その後、日本人が自分たちが食べやすいように工夫し、わかりやすいネーミングをつけた純和風料理?になりました。
名付け親
命名者は、札幌農学校出身で、満州国建国に深くかかわった駒井徳三氏と言われています。日本軍の旧満州国進出で、身近だったコウヤンロウをヒントに日本人の口にあう羊肉料理が考えられる。そして義経伝説に連なるジンギスカンの名前がつけられたといわれています。

羊は、約1万1千年前、イラク北部で家畜として飼われるようになったといわれています。
四足の動物を食すことを禁じられているイスラム教やヒンズー教でも羊は食することができ、世界中でもっとも食されている動物です。
羊肉は世界各国で料理の食材として使われています。フランスに至っては高級食材の一つにあげられているほどです。また、意外にも宮中の晩餐会でも羊のもも肉の蒸し焼きやジンギスカンの料理も出されていました。その味は一級品で、賓客には大変好評だったようです。
ジンギスカンがポピュラーになった訳
昭和に入り、厳冬地用の軍服の素材として使われるようになり国策として飼育が奨励されたために普及するようになりました。
その結果、羊肉も食されるようになり、ジンギスカンもその一役を担うことになりました。
北海道は、綿羊が広大な土地で数多く飼育されていたのと、ジャガイモ・玉葱といった北海道の野菜が食べあわせに手ごろだったために広く普及したと思われま す。昭和20年後半ごろからブームとなり一般に広く食されるようになりました。当時全国では百万頭の綿羊がいたという記録も残っています。
しかし、昭和50年代に入ると、牛や豚肉に押され、特用家畜扱になるまで減少してしまいました。
ラムとマトン
生後1年未満の羊肉をラム、2歳以上をマトンと呼んでいます。
ラムは、肉質がやわらかく、くせがない肉として人気があります。一方マトンは、肉質が固く、くさいイメージがあります。
冷凍マトンは、鮮度管理が難しく、ちょっと鮮度が落ちただけで強いにおいがでてしまうところからきています。
しかし、現在は冷凍技術も向上し、マトン本来の旨みを味わうことができるようになってきました。

美味しい食べ方
マルチヨの味付ジンギスカンのみ!と言いたいところですが...
ジンギスカンは、あらかじめタレに漬け込んだ羊肉を焼く(タレつき)方法と味のついていない羊肉を焼く(タレ無し)方法あります。
発祥当時は、道南方面(タレ無し)と道北道東(タレつき)に道内を二分していたようですが、現在はタレつきのジンギスカンが主流となっており、
各店の独自のタレを楽しむことができます。
以上!!  まるちよジンギスカンのページへレッツゴー!!